仕事についていけない看護師へのアドバイス

要領よく仕事をこなすには、頭の回転が速いに越したことないですが、今さら、頭の回転をスピードアップさせることなんて無理な話ですよね。
1日でも1時間でも早く慣れることが、仕事をテキパキこなす秘訣になるものの、ちょっとした工夫や心がけで仕事のスピードを速くすることができます。

たとえば言われたことはすぐにやる癖を身に着けること。特に細かい業務は「いつでもできるから。」みたいに後回しにしてしまいがちですが、その場でさっと片づけてしまったほうが良いです。
仕事ができる人ほど、意外とこまごまとした業務は素早く片づけています。だからこそ、1度に抱える業務量を減り、業務の回転が速くなるわけです。

2つ目は、できるだけ周りに協力をしてもらうことです。仕事ができる人には、意外とみんな、協力的に働いてくれるものです。
最初のうちは、自分から協力をお願いしなければ、手助けしてくれることはないので、自分から積極的に手を貸してもらえるように同期や先輩、後輩に働きかけましょう。










JUGEMテーマ:看護師の転職



スポンサーサイト