仕事についていけない看護師の悩み解決方法

新人のころはまだ、「仕事に慣れていないから仕方がない」で許されていたものの、2年目、3年目になってもなかなか、仕事の効率が上がらずに悩んでいた看護師のAさん。

他の人なら1度聞けば分かることも、2,3回聞いてようやく理解するような状態で、ミスも多く、先輩には常に叱られっぱなしでした。



後輩にすら「仕事ができない」と見下されるようになり、職場に居場所がなく、肩身の狭い思いをしていました。
シフトが発表され、Aさんと夜勤を一緒にだということがわかると露骨に嫌な顔をする先輩や同期もいたくらいです。



そんなAさんも今はのびのびと働けるようになったんですが、Aさんに何があったのか?このブログで詳しく紹介をしています。



■効率よく仕事を進めるには?

仕事をテキパキとこなしている人たちは、各業務でのゴールを明確に意識しています。現状からゴールにたどりつくために、欠けているもの・足りないことを補うように仕事を進めているわけです。

「仕事は段取り8割」と言われるように、仕事をスムーズに進めるためには、準備を整えておくことが大切です。行き当たりばったりだと、どうしても、仕事が後手に回ってしまい、仕事に振り回されることになります。



目の前の業務をこなしつつ、次の業務の進め方を頭の中でシミュレーションできるようになると、仕事の効率はうんと上がります。

がむしゃらに体を動かすんじゃなくて、頭を使うようにすることで、想定外のことが起きても慌てることなく対応出来たり、ミスを減らすことだってできますよ。




■職場を変えてみるのも手段の一つ

ただやはり、仕事ができる・できないには能力の差があります。合う合わないだってありますから、苦手な業務が多いとやっぱり、仕事についていけなくなるものです。



普通の民間企業で「苦手な業務をやりたくない」なんて訴えても「甘ったれんな!それでも社会人か!」と上司に怒られて終わりになるところですが、看護師は全く違います。



看護師という資格はいろんな職場で必要とされているんです。病棟や外来・クリニック以外にも、介護施設や企業・学校の保健室などなど、様々です。

色んな働き方が許されるのは看護師だけの特権の一つ。ついていけない仕事に神経も体力もすり減らさなくたって、働きやす環境を手に入れやすいんです。





■転職サイトの正しい選び方

看護師は離職率が高いことをネガティブに言われることが多いものの、良い表現をすると、人材が流動しやすく転職しやすい環境になっているんです。

いまどきの看護師が転職する際は、看護師専門の転職サイトに登録をするのがほぼ常識になっています。ハローワークとは比べ物にならない情報量がありますし、転職コンサルタントにフルサポートしてもらえるからです。



転職コンサルタントは、転職にまつわるあらゆる業務を手助けしてくれるし、希望の病院や施設へスムーズに転職を成功させるためのノウハウにも精通しています。

どんな風に面接を受けると良いのか?具体的にアドバイスしてくれるだけじゃなく、面接日を調整してくれたり、あなたの希望条件にそった求人情報を代わりに探してくれたり。


看護師専門の転職サイトは何サイトもあるんですが、求人情報の質や、優秀な転職コンサルタントの在籍数を考えると、下記の3つに登録するのがオススメです。



【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!






この3サイトに登録をすることで、他の看護師専門の転職サイトに掲載されている求人情報をほぼ網羅できます。条件の良い求人を見逃すことはほとんどありません。

転職コンサルタントも、決して転職を無理に進めることはありません。自分のペースで転職活動を進めさせてくれるので、登録したからと言って、すぐに転職活動をスタートする必要はありません。



最初は求人情報をぼんやりと眺めるだけでもOKだし、転職コンサルタントとの相談の結果、」「今は転職しない!」という結論に達したって良いんです。

転職コンサルタントとしても、中途半端な状態で転職させてしまい、やっぱり仕事が合わなくて短期間で退職されると、自分の実績に傷がついてしまいますからね。



看護師専門の転職サイトの登録はネットで数分で完了します。登録料も利用料も一切かからないので、とりあえずどんな求人があるのかを調べてみると良いですよ。













仕事についていけない看護師へのアドバイス

要領よく仕事をこなすには、頭の回転が速いに越したことないですが、今さら、頭の回転をスピードアップさせることなんて無理な話ですよね。
1日でも1時間でも早く慣れることが、仕事をテキパキこなす秘訣になるものの、ちょっとした工夫や心がけで仕事のスピードを速くすることができます。

たとえば言われたことはすぐにやる癖を身に着けること。特に細かい業務は「いつでもできるから。」みたいに後回しにしてしまいがちですが、その場でさっと片づけてしまったほうが良いです。
仕事ができる人ほど、意外とこまごまとした業務は素早く片づけています。だからこそ、1度に抱える業務量を減り、業務の回転が速くなるわけです。

2つ目は、できるだけ周りに協力をしてもらうことです。仕事ができる人には、意外とみんな、協力的に働いてくれるものです。
最初のうちは、自分から協力をお願いしなければ、手助けしてくれることはないので、自分から積極的に手を貸してもらえるように同期や先輩、後輩に働きかけましょう。










JUGEMテーマ:看護師の転職



1